設置する場所や業種で決まる!カタログスタンドと看板制作のすべて

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランディングが必要

カタログ

カタログを制作する場合は、自社のブランディングを全面的にアピールすることが大切です。訴求方法は業者に依頼することで最大限引き出してくれますし、オーダーにかかる費用も節約できるから便利です。

More...

用途に合わせて使う

スタンド

目立たせるツール

店頭や店内で展開するカタログは、来店者にどんな商品やサービスを取り扱っているかを伝えるものです。飲食店、物販的に関わらずカタログは用いられており、制作会社にオーダーしてこだわっているところも少なくありません。ただ、こだわって作ったカタログは、デスクの上に平積みしておいても目立たないですし気付かれないまま終わってしまうでしょう。せっかく経費をかけても、アピール方法を一つ間違えるだけで宣伝に失敗してしまいます。こうした失敗に陥らないようにするには、カタログスタンドを使用します。このスタンドを設置しておけば、表紙を全面的に見える位置にもっていくことができるから目立ちますし、手に取りやすくなります。たったこれだけで、来店者へ最大限のアピールができるので上手に活用しましょう。

使い分けが大事

カタログスタンドは、設置するカタログの大きさによって使い分けをします。出来る限りジャストサイズを選んだ方が見栄えもいいですし、手に取りやすいです。特に大きさがちぐはぐなものを選ぶと、キレイに見えず設置できる枚数が少なくなる恐れがあります。このあたりは先にサイズを確認した上でそれに適したカタログスタンドを選定することが大切です。
また、店頭に設置する場合は、来店客が取りやすい高さにあるかどうかもポイントのひとつです。あまりにも高すぎる・低すぎる場合は、深層心理で面倒だと感じさせてしまい損失が生まれます。ターゲットとなる層の年齢や平均身長を考慮して取りやすい高さに調整できるものを選びましょう。

現地調査は必須

看板

大阪にも数多くある看板の制作会社に依頼する際は、現地調査をしてもらった上で対応してもらうといいでしょう。設置する場所や業種によって、平面タイプか立体タイプかを選定した方がいいケースもあるので確認が必要です。

More...

イベント内容で決まる

印刷物

空中に浮かばせてイベントやセール情報を告知するアドバルーン広告は、昔から人気です。最近は紅白の球体以外にいろんな形とカラーのものがあるので、設置する場所やイベント内容に合わせて選定しましょう。

More...